シミ消し化粧品って敏感肌でも使用できる?

シミを消す時に化粧品を使いますが、肌に問題のある人もいます。
敏感肌の人にはどんな化粧品でも手当たり次第使うわけにはいきません。

肌の状態が弱いので、より気を付けないといけないのです。
シミ消しをするときに敏感肌の人にも化粧品の使用は大丈夫と言えるのでしょうか。

ハイドロキノンは敏感肌にも大丈夫?

ハイドロキノンは今現在存在している化粧品の成分中で、最も強い美白成分を有しています。
効果は強く実感できるものではありますが、効果が強い分肌への刺激も強くなっています。

ハイドロキノンが入っている化粧品は、一部分などの美白に有効で全体に使用するのには適していません。
敏感肌の人はハイドロキノンを含んでいない化粧品を使用すると、安心安全だと言えます。

ハイドロキノンの成分について

ハイドロキノンはもとは、写真の現像液に使われていたものです。
現像液の鼻を強く刺激するものがそれなのです。

写真が紫外線を浴びて色あせていかないように、UVカットとしてハイドロキノンが使われています。
肌の場合も同じく、紫外線を浴びてシミを作らないないようにハイドロキノンが守り、シミを消すことに繋がるのです。

敏感肌の人にはビタミンC配合の美白化粧品

敏感肌の人の肌内部には、炎症が起きています。
皮膚は炎症によって傷ついたダメージを回復しようと、新しく細胞を作っていく働きが活発になるのです。

その時に、メラニン色素が作られている、表皮の奥にあるメラノサイトという細胞も一緒に活性化してしまいます。
暴走し、必要以上にメラノサイトも作っていきます。

ホワイピュアのサプリもおすすめですよ。

敏感肌はメラノサイトが活性化しやすなっています。
よって、敏感肌には美白は効きにくいといえます。

そこでこうした敏感肌の人におすすめするのはビタミンCの配合された化粧品です。
ビタミンCはメラニン色素の還元作用をもっており、美白の肌に有効な成分です。

その還元作用はとても優れたもので、シミや黒ずみも薄くして最終的には消してしまいます。
また、メラノサイトにも働きメラニン色素の過剰生産を抑える働きがあり、新たなシミができてしまうのを防ぎます。

更にそれだけでなく、ビタミンEの合成を促して新陳代謝を高め、血行をよくする働きもあります。
透明感のあるみずみずしい肌作りにも大切な成分です。

よって、敏感肌の人にはビタミンCが配合されている化粧品がおすすめです。
敏感肌はとくに気を付けて毎日のケアを怠らないようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です