正しいニキビ跡のケア方法について

ニキビ跡が出来てしまっても、正しいニキビ跡ケアをしていれば、ニキビ跡はちゃんと消えてくれます。
では正しいニキビ跡ケアとは、どのようなケア方法なのか紹介していきます。
まず洗顔方法は、洗顔料選びがポイントとなります。

山田優がモデルのLe ment(ルメント)の口コミは嘘?効果や実際に体験してみたレビュー

洗浄力が高いモノを使用すると、確かに洗顔直後はさっぱり感があるかもしれません。
しかし本来肌に必要な皮脂まで一緒に落としてしまうので、肌が乾燥にカサカサになってしまう要因になります。
なので必要な皮脂まで落とし過ぎないように、洗浄力は弱い洗顔料を選ぶようにして下さい。

次に洗顔の方法ですが、ニキビ跡を消したいとゴシゴシと擦るのはNGです。
擦って落ちるどころか、擦ると肌にダメージがかかってしまいます。
同様の理由で、洗顔後の肌をタオルでゴシゴシと擦る事もNGです。

優しく泡で洗い、タオルでポンポンと顔を押さえる感じで水気だけ拭き取って下さい。
そして洗顔後の肌は、そのままでは乾燥してツッパってしまいます。
なので早急に保湿を行う事が必要です。

最近では、洗顔料に保湿成分が配合されている商品もあるので、乾燥肌がひどい人にはオススメです。
洗顔後の肌に化粧水、乳液、美容液、クリームの順番でスキンケアを行っていきます。
保湿は重要ですがい、保湿のやりすぎはNGです。

肌にはもともと自然治癒力が備わっていて、自分の力で回復しようと努めます。
ですが肌にあれこれ与えてしまうと、自然治癒力が必要なくなり、自力で回復する力が弱まってしまいます。
肌の健康を考えるのであれば、それではいけません。

肌を過保護に育てるのではなく、肌自身でキレイになる力を育てる事の方が重要だと言えます。
また過剰な保湿を続けると、肌がベタついてしまいます。
この肌のベタつきが原因でニキビが出来てしまったら本末転倒です。

ニキビ跡を消すために、スキンケアを行っている訳ですから、ニキビが出来にくい肌を作りニキビの予防にもつとめるべきです。

メディプラスゲル 口コミもチェックしてみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です